ファクトリーソリューション

HOME > 製品情報 >  ファクトリーソリューション > InventorCAM 

CAM

InventorCAM

Autodesk Inventor完全統合型CAMシステム

電子機器や機械製造業、自動車航空産業などで幅広く使用されている「InventorCAM」。
洗練されたツールパス作成とiMachining技術により、2.5Dフライス加工、3Dフライス加工、2/4軸ワイヤ放電加工、同時5軸フライス加工など、Autodesk Inventorとのシームレスな連携を実現するCAMソリューションです。
 
InventorCAMは、Inventor と1つのウィンドウで統合されているため、定義から検証まですべての加工操作をそこで行うことができます。
Inventor の設計で変更があっても、InventorCAMにおいてすべての加工操作を自動的に変更。
 
また、部分形状自動認識/加工モジュールにおいて、複数のドリルや穴のあるパートの加工を自動化するなど熟練したCAMプログラマの最新技術を活用することが可能です。
変更を重ねる試作において、特にその使い勝手を実感できるでしょう。

Autodesk完全一体型CAMシステム

従来のCAMシステムは、CADデータをIGES等の中間ファイルで読み込み、変換作業を行ってから加工定義をしていました。
しかしこの方法では、データの欠落が発生する可能性があり、最近のダイレクトインターフェース読込を行ったとしても、形状変更などに対応するには、かなりの工数を必要としてしまいます。
そこで「CADにプラグインして動作するCAMシステム」という新しい発想が生まれました。
CADの一部としてCAMを動作させれば、CADデータの変換、再読み込みなどの必要がないので、ダイレクトに加工定義が可能になります。

AutodeskのメカニカルCADソフトに「アドイン」

「Autodesk Inventor」「Autodesk Inventor Professional」のCADを組み合わせることができるAutodesk完全一体型CAD/CAMシステム「InventorCAM」。
 
CADで作図・モデリング後にCADデータを中間ファイル等に出力し、CAMソフトを起動後に中間ファイルを読み込むといった面倒なコンバート作業等が一切必要ないので、設計作業を中断することなく加工データを作成することができます。
 
また、CAMの加工条件設定等で図形編集が必要になっても即時にCADデータの編集作業に移れる使い勝手のよさも選ばれる理由。中間ファイルを使うことによるデータの互換性やデータ欠落後の問題が全く発生しません。

動作環境
対象OS

・Windows7 Professional 64bit
・Windows8 Professional

CPU

Intel Xeon, Core i7

メモリ

12GB 以上

グラフィックスデバイス

OpenGL 対応必須

ポインティングデバイス

マウス必須

USB ポート

1ポート 必須

DVD-ROM ドライブ

必須

その他

Internet Explorer 8 以降必須
 
必要に応じて
・Microsoft Office 2007 以降

ダウンロード

カタログ・取扱説明書、ソフトウェアは、こちらのリンク先からダウンロードできます。

お問い合わせ先

電話・FAXによるお問い合わせ、ご質問、資料請求は、
こちらまでお願いいたします。

TEL: (052)461-9911

FAX: (052)461-9922

(営業時間:月~金 9:00~17:30 祝日、弊社の指定休日を除く)

emailによるお問い合わせ、ご質問、資料請求は、こちらまでお願いいたします。

システム運用サービスのご紹介

当初システムのご導入よりご利用頂けるサービスです。
お客様のシステムを正常に運用して頂くための技術的なサポートをいたします。
詳細についてはこちらをご覧ください。

参考サイト:http://www.tactx.co.jp/systemoperation

導入事例のご紹介